About HYOSUNG Motorcycles

ヒョースンについて

HYOSUNGモーターサイクルは、1978年に韓国南東部の釜山(プサン)から程近い昌原(チャンウォン)工業地区にHyosung Machine Industry(暁星機械工業株式会社)設立から誕生しました。以降、チャンウォンの本社工場を拠点としたグローバルオートバイメーカーとして、HYOSUNGグループからS&Tグループへ、そして2014年にKORAO(コラオ)グループへとより強固で安定した経営基盤を得て成長を続けています。
 
HYOSUNGモーターサイクルは、一貫して研究開発と人材育成に惜しみなく費用を投じ、モーターサイクルに対する情熱と高い技術力による高品質の製品を、世界各国に展開しています。

HISTORY

沿 革
1978年

Hyosung Machine Industry 設立

1979年

日本のスズキ自動車と技術提携

1987年

独自開発モデルの量産を開始

1988年

ソウルオリンピックに公式オートバイ提供

1990年

テジョンに第二生産工場完成

1994年

ヨーロッパへの輸出を開始(イタリア向けCAB50)

1995年

125ccDOHCエンジンを開発

1996年

ISO9001(ドイツTUV)の認証取得

2002年

[ヒョースンモーター・ジャパンにより日本での輸入販売を開始]

2005年

アメリカに現地販売会社を設立

ヨーロッパとアジアに海外ディストリビューターネットワークを形成

2007年

S&T Motors Co.,Ltd.に社名変更

[日本での250cc, 125ccフルラインアップ販売を開始]

2009年

700ccモデルST7を発売

2010年

電動スクーターEVAを発売

2014年

KR Motors Co., Ltd.に社名変更

250ccモデルEXIVシリーズを発売

2016年

Qingqi Motorcycle(中国)とのジョイントベンチャー契約を締結

Jinan QINGQI KR Motorcycle Co., Ltd.を設立

2017年

QIGQIKRの新工場(山東省済南市)で量産を開始

2018年

新型GV125Sを発売

2019年

新型GV300Sを発売

2020年

GV125S, GV300SモデルのEURO5を取得

INTRODUCTION VIDEO

メーカー紹介ビデオ